アクアマリン ペアネックレス

プラチナのチェーンに小さく光るアクアマリンの石

社会人2年目に初めて買ったネックレス。
本当は誰かに買ってもらうのが一番嬉しいのかもしれないけれど、自分で自分にご褒美というのもアリだよね?と思い、初めて某有名宝石店のカウンターに足を踏み入れてみた。
他のコーナーとは離れたところにあり、感じのいい店員さんが立っていたので、とても見やすかったのを覚えている。
店員さんは商品をずっと見せてくれていたので、とても選びやすかった。
上品なプラチナのチェーンに小さく光るアクアマリンの石。あまり、装飾品に縁のなかった自分には似合ってないのではないか?と内心ドキドキしていたが、付けてみると、
そんなに違和感もなく、そのお姉さんも上手によいしょしてくれたので、買ってしまった。ついに。
汗と涙でためたお金で購入したネックレスというのは非常に感慨深いもの。
ちょっと高価な買い物って感じの悪い店員さんからはあまり買いたくなかったりする性分なので、財布の紐は固いのだが、そんな時にはつい緩むもの。
有名な宝石店なのに、気取ったところがなく、嫌な感じがしなかったそのお店はもう今はない。
アクアマリンのペアネックレス