交際記念 ネックレス

交際記念のネックレスを探して

高校卒業後、交際2年目の記念に彼女へネックレスを購入したくて下見のためにひとりでお店に入ったときのこと。まだ未成年でアルバイトしていてもそんなにお金がたまっていないときだったので、見た目は派手でも金額は1万円以下に抑えたくて店員さんに相談しました。声をかけたときの第一声が「結婚記念日のプレゼントですか?」と言われたとき、あまりにも思いもしない一言に固まってしまいました。たしかにバイト先の居酒屋でも大人と間違えられて客からお酒を薦められたこともあったけど、いくらなんでもシラフのアクセサリーショップ店員に間違えられるとは思ってもいなかったのです。
「まだ未成年で交際記念のネックレスを探しています」と少しむっとした面持ちで答えると、あわてた店員は相談内容に見合う商品を即座に5点ほど選んでくれました。さすがと思いながら見てみると、彩り豊かな石がはめ込まれたネックレスにダイヤの輝きを放つきれいなネックレスとさまざまに紹介してくれました。1万円以内でということを再度聞くと「各ブランドが新しいデザインの商品を来週納品予定なので在庫処分で安くします。本当のセールは週末からなのですが」と耳打ちしてくれました。じつは声をかけた店員は店長のすぐ下のチーフだったらしくて、半年前に結婚をしたがその旦那さんとの交際中おんなじようなプレゼントをもらったとのこと。そのいきさつなどを聞いて特別にセール価格を教えてくれたのです。それならということで1点を選んで取り置いてもらい、週末のセール期間中に改めて値下げした価格で購入しました。
そのひと月後に彼女へプレゼントするととても気に入ってくれて、その5年後には同じ店で店長となったあの店員さんにお願いして結婚指輪を作っていただきました。
あの日勇気をもって飛び込んだショップとこうして今もお付き合いしていることから、結婚後の私の座右の銘は「一期一会」と公言しています。
交際記念のペアネックレス